欧米人は空気読まない?ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化の違い

Diversity グローバルスキル
Pocket

グローバルな組織で仕事をしていると、各国によってコミニュケーションの取り方に違いがあることを鮮明に感じることがあります。

例えば、日本人だけが参加している会議であれば、「この話は空気的にもう終わり」となるところを、

外国人参加者が空気を読まずに議論をひっくり返したり、延々と話し続けたりということが起きます。

別記事でもご紹介しましたが、欧米の人は話をしながら考えを纏める傾向があるので、日本やアジアに比べて、自由に発言する傾向があります。

また、コミュニケーションの取り方の違いから会議そのものに対する考え方も異なってきます。

このようなコミュニケーションの取り方の違いが各国毎にあるため、

グローバルな会議体において、各参加者が母国でするのと同じスタンスで意思疎通をしようとすると、

母国で通用するコミュニケーションが外国人には通じないために、時に誤解が生じたり、トラブルになったりすることがあります。

そのためコミニケーションの仕方の違いを相互に理解する必要があるのです。

その違いの理解の仕方の1つとして、今回はハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化と言う整理をご紹介します。

ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化とは?

『ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化』という、コミュニケーション方法の識別は、アメリカの文化人類学者であるエドワード.T.ホールが提唱したものです。

ここでいう『コンテクスト』とはコミュニケーションの前提となる、言語や、共通の知識・価値観・ロジックなどを指すと言います。

ハイコンテクスト文化

low context

ハイコンテクスト文化の国では、このコンテクストが広く共有されている国を指しています。

そのため、話し手が自分の意見について、十分に説明できない場合があったとしても、聞き手が相手の意図を察することが可能となり、なんとなく通じ合うことが可能になります。

例えば、日本はハイコンテクスト文化と言われており、お互いの考え方を丁寧に説明しなくとも、相手には伝わっているということが往々にしてあります。

いわゆる『忖度』や『空気を読む』、『阿吽の呼吸』『ツーカーで分かり合う』等といった言葉は、日本がハイコンテクスト文化だからこそ出てくる言葉なのです。

オンラインで徹底指導!3か月で生きたビジネス英語を。【BizEnglish】

ローコンテクスト文化

他方、そういったコンテクストがあまり共有されていないのが、ローコンテクスト文化です。

コミュニケーションの背景にある共通の知識や価値観が人によってバラバラです。

相手が何を考えているのかは、相手がはっきり説明しない限り、聞き手には伝わらず、当然分かり合うこともできないのです。

そのため、ローコンテクスト文化の人は、言語によるコミュニケーションを最重視します。逆に、相手の気持ちを推し量ることを苦手とする傾向になります。

例えば、ローコンテクスト文化の環境である欧米人に対しては、自分の意見を詳細に言わないといけません。そうしないと伝わらないのです。

wait

ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化という違いを生む理由

国や地域によって、なぜこのようにコミュニケーションの仕方に差が出てくるのか疑問に思う人もいると思います。

色々な要因があると思いますが、個人的には、歴史的にいかに移民が入ってきたかという点がポイントだと考えています。

アメリカやヨーロッパ等は過去から現在まで、絶えず世界中から人が移動してきて、住み着いています。

そうなると、同じ国に暮らす人でも、出身国が異なり、価値観や考え方も全然違うということになります。

何も言わなくてもわかってくれるはずもなく、言葉でのコミュニケーションが必須になります。

他方、日本は島国であり、単一民族の歴史しかありません。

みんな似たような考え方、価値観を持つため、言葉で表さずともコミュニケーションが可能なるのです。

asia

【トライズ TOEIC(R)対策プログラム】2ヶ月で最大200点アップ保障

ハイコンテクストな国、ローコンテクストな国

ハイコンテクストな国は、日本や韓国、中国、インドネシアといったアジア勢に加え、

インドやサウジア、ロシア、フランス等が加わります。

他方、ローコンテクストな国としては、

アメリカ、ドイツ、オランダ、チェコ、オーストラリア等が挙げられます。

それぞれの国の人と仕事をするにあたってどのようなコミニケーションの取り方がメインなのか知っておくとよりコミニケーションも取りやすくなるかもしれません。

最短即日発送で工事不要!世界中で使えるクラウドポケット型Wi-Fi【ギガWi-Fi】

Pocket

この記事を書いた人

元アメリカ駐在員の純ジャパビジネスパーソン。日系メーカーに勤務。グローバル志向。次はヨーロッパへの駐在を目論んでいる。TOEICは990点(IP)。
三年間でTOEICを400点台から900点台まで上げた経験や、海外での仕事を通じて学んだ外国人とのコミュニケーションスキルやマインド等をブログや記事執筆の形で発信している。
翻訳やライティング、コンサル業務も展開している。

nobuoをフォローする
グローバルスキル
スポンサーリンク
nobuoをフォローする
Global Personz Lab

コメント

タイトルとURLをコピーしました