海外留学先で日本人の友達は必要?それとも不要?

Questions アメリカ留学
Pocket

海外留学先で日本人の友達を作る必要があるのか、悩む人も多いと思います。

「海外で出会った貴重なお友達として、日本に帰国後も長く付き合っていきたい」という思いもあれば、

「せっかく海外に留学しているのだから、外国人の友達を作りたい、日本人との出会いは最低限で良い」と思われる方もいらっしゃると思います。

どっちの意見ももっともです。

今回は、海外留学先で日本人の友達を作る必要があるのかというテーマについて考えてみたいと思います。

まずは、日本人の友達が必要という意見の理由と、日本人の友達が不要という意見の理由それぞれを見てみることにしましょう。

日本人の友達が必要という意見の理由

positive

海外留学債でも日本人の友達の意見が必要という意見として、大体以下の理由があります。

日本語を話したい

海外留学生活が続くと色々なことがあります。

学業のことで悩みを持つこともあるでしょうし、孤独を感じることもあります。

そんなときに母国語で話しができる友達の存在は大きいですよね。

簡単な世間話を日本語でできるだけでも、海外暮らしの緊張や孤独から解放されることができます。

有益な情報交換ができる

例えば、日本食が食べられるレストランの場所や、休暇中や卒業後のプラン等。

日本人だからこそ、知っていることや共感できることがたくさんあります。

卒業後に日本に戻って就職する場合には、日本の就活状況も把握しておきたいところです。

この辺りについて、日本人同士でスムーズに情報交換ができればとてもありがたいです。

助け合いができる

何かあったときに親身に相談に乗ってくれるのは、やはり同胞。

困ったときはお互い様という言葉がある通り、日本人には助け合いの文化があります。

調味料の貸し借りや車の相乗り等、日常的なことから、

入院時に子供の面倒を見てもらったり等、

日本人だからこそ、安心して頼めることも多いものです。

甘くないから成果が出る!オンライン英会話は【BizEnglish(ビズイングリッシュ)】

日本人の友達が不要という意見の理由

negative

英語を話す機会が減る

日本人の友達によっては、常に貴方と一緒にいることを求め、貴方を自由にしてくれないかも知れません。

英語力に不安がなかったり、外国人に声をかける勇気がないため、

その友達は、常に貴方といないと、独りぼっちになってしまうのです。

しかし、そういった日本人の友達に気を遣って、常にその人といると、

気軽に外国人に声をかけるタイミングを失います。

必然的に英語を話す機会も減ってしまいます。

視野が広がらない

海外留学の醍醐味は、日本とは異なる価値観や文化に触れることで、大きな刺激を受けることです。

そのためには、日々印象に残った出来事を、自分の中で振り返る時間が重要です。

例えば、授業の間の休憩時間にぼんやりとキャンパスを歩いたり、カフェでお茶をしている時間、

夕方にジョギングをしたり、夜ソファやベッドでくつろいでいる時間に、

その日に起きた出来事や他国の出身者との会話で感じたこと、背景にある母国との文化や価値観の違い、

そういったことに自然と意識が向き、

思考を繰り返すことで、日本で暮らしているだけでは決して得られなかったであろう、

新たな物の見方が得られたり、視野が広がったりします。

これを繰り返すことで自分の中でも変化が生まれてきます。

日本人の友達といる時間が長ければ長いほど、物事のとらえ方を大きく変えることはできないかも知れません。

ストレスがたまりやすい

留学を問わず、海外暮らしでの現地日本人との付き合い方は時に課題となります。

日本人の数が少なければ少ないほど、留学先での日本人のコミュニティは狭くなりがちです。

時として、そのコミュニティは家族同然の大変密なものにもなります。

例えば、グループそれぞれの週末の予定について、そのコミュニティのメンバーが詳細に把握していたり。

場合によっては、毎週末そのメンバー達と行動を共にすることも余儀なくされるかも知れません。

異国の地で、身近に人がいてくれることは心強いものですが、時には一人になりたくなることもあります。

せっかくの海外留学、最終的には貴方のペースで過ごし方を決めたいですよね。

貴方の周りにいる日本人が、それを快く良しとしてくれるか、大変重要なポイントです。

【トライズ TOEIC(R)対策プログラム】2ヶ月で最大200点アップ保障

正しい形は、ハイブリッド型?

Diversity

個人的には、外国人とも、日本人ともうまく付き合うハイブリッド型が理想と考えています。

異国の文化や価値観に触れ、海外留学の醍醐味を十分に味わう一方で、せっかく出会った日本人とも、バランスよく交流することが大切です。

実際に、私がアメリカの大学に留学していた際には、フランスやメキシコ人といった他の国からの留学生とバーベキューをしたり、飲みに出かけたりと、親密に付き合っていました。

他方、日本人の学生同士でも、日本食レストランに飲みに行ったりもしていました。

たしかに、最初のうちは、外国人と話す時間を増やさないと意味がない、英語が話せるようにならない等と考えて、日本人の友達との距離を探りあぐねていたところがありました。

しかし、日本人を完全に避けたからといって、その時間分すべてを外国人とのコミュニケーションの時間に回せるかというと、そうではないと思います。

他の国の外国人たちも出身国同士で仲良くしていることが多く、それぞれの都合もあります。

どれだけ特定の外国人と仲が良くなったとしても、常に貴方とだけ一緒にいてくれるわけではありません。

また、それはそれで大変偏った留学生活にもなりかねません。

テキトーに構えるくらいがちょうどよい

とはいえ、最初はこの辺り悩むと思います。

私の気持ちが楽になったのは、留学当初に話した日本人の先輩の言葉で、

「テキトーで良いんだと思うよ、誘われたら行くって感じで」

「日本人でも、外国人でも、あんまり決めつけずにさ、テキトーで良いよ」

confidence

留学を終えた後振り返るとまさしくその通りだったなと今では思います。

私自身もっとテキトーで良かったようにも思います。

是非皆さんにも気楽に構えて頂きたいと思います。

海外留学というかけがえのない期間に出会えた友人たちは、国籍を問わず、皆かけがえのない存在です。

国籍にかかわらず、一期一会を大切にしていきましょう。

スマホひとつで、毎日の英語習慣を。【 HiNative Trek 】

Pocket

この記事を書いた人

元アメリカ駐在員の純ジャパビジネスパーソン。日系メーカーに勤務。グローバル志向。次はヨーロッパへの駐在を目論んでいる。TOEICは990点(IP)。
三年間でTOEICを400点台から900点台まで上げた経験や、海外での仕事を通じて学んだ外国人とのコミュニケーションスキルやマインド等をブログや記事執筆の形で発信している。
翻訳やライティング、コンサル業務も展開している。

nobuoをフォローする
アメリカ留学
スポンサーリンク
nobuoをフォローする
Global Personz Lab

コメント

タイトルとURLをコピーしました