追加実施は?補償は? コロナ渦緊急事態宣言後初実施のTOEICに申込殺到

English 英語学習Tips
Pocket

本日7月8日に、緊急事態宣言後初となるTOEICの申し込みが始まりました。

実施日は、2020年9月13日です。

新型コロナウイルスの影響もあり、TOEICは4月から延期が続いていました。

緊急事態宣言も解除されて初めての実施。

多くの申込が想定されました。

その数は想定以上でした。

緊急事態宣言後初のTOEIC(2020年9月13日)

本日7月8日に、第252回TOEICリスニング&リーディング公開テスト(2020年9月13日)の申込が開始されました。

緊急事態宣言を受けて、約半年間実施が見送られていました。

しかし、緊急事態宣言も解除され、感染者数も落ち着いてきた頃合いを見計らって(また増えてきてはいますが)、9月からの実施が決定されました。

それでも、ウィズコロナの時代、今までと同じ方法で試験実施はできません。

会員向けに事前送付されたメールには、ソーシャルディスタンスを図るため、座敷数は少なくなることや、先着順になることも記載がありました。

TOEICmail

TOEICといえば、いまや就活や転職で自分の英語力を示すためにマストな試験。

TOEICなんて常識中の常識レベル。

『有効なTOEICスコアがない?何?喧嘩売ってんの?』

と面接で聞かれても何も言えないくらい当たり前。

多くの学生や転職希望者が受験を待ちわびている私見です。

たくさんの方が申込に殺到することが予想されました。

予想以上のアクセスでサーバーダウン

いやはやそのアクセス数といったら驚異的な数字だったのでしょう。

朝からサーバーダウンしてしまい、TOEICの公式ホームページにいつまで経っても接続ができません。

これが就活生だったら本当にパニックになりますよね。

運よくアクセスできた人から申し込みが可能になり、順番に席が埋まっていきます。

おそらく、東京はもちろん、関東全体が一瞬で埋まったのでしょう。

以下が、希望受験地を選ぶ画面ですが、当該受験地のすべての席が埋まるとグレーになります。

私がアクセスできた頃には、滋賀以外の受験地が埋まっているという信じられない状態になっていました。

結局、夕方前までにすべての試験地が埋まってしまったのです。

いやはやTOEICおそるべし。

どんだけの人が受けたいねん。

サーバーダウンのお詫び

午前中のシステムエラーに関しては、ホームページ上お詫びが出ています。

TOEIC サーバーダウンお詫び

しかし、受験できなかった人への代替措置等の記載は一切なし

補償や追加実施、代替措置の可能性は?

それにしても、運良くアクセスできた人は受験ができて、運悪くアクセスできなかった人は受験ができないと言うのはあまりにも不公平なところだと思います。

特に、就活生などは公式のTOEICスコアが必要だと思いますので、どうにか救済処置が実施して欲しいと思います。

しかし、公正面もありますのでなかなかすぐにオンラインに切り替えるわけにもいかず、難しいところなんだろうなとも思います。

今のところ、TOEIC側は何も言っていませんね。

サーバーダウンが原因なので不公平な感じがしますが、現在検討中なのでしょうか。

受験地目指してどこまでも

私もかつてアメリカにの大学に留学しており、TOEFLに苦労しました。

TOEFLの場合もこの辺りは容赦なくて、テストセンターが埋まってしまうとどう頑張ってもそこでは受験できないんですよね。

希望のエリアが満席となり、隣町で受験するならまだしも、

例えば、東京TO大阪とか、ものすごい距離を移動して、TOEFLを受けるなんて強者もちらほら。

『いやー、串カツ食って東京帰ります』とか。

ビールもたらふく行っちゃってください、ご苦労様って感じでしたが。

そういう人も、何度か聞いたり見たりしてきました。

そういえば、私自身も、アメリカ駐在中に奥さんのTOEIC受験のために、片道300マイルのドライブをした記憶があります。

road

早くオンラインで受けられるようになって欲しいですね。

受験地目指して、どこまでも。

TOEICもしばらくそんな状況が続くのでしょうか。

とにかく、日本の若者のキャリアに大きく影響を与える試験。

今後のケアが注目されるところです。

Pocket

この記事を書いた人

元アメリカ駐在員の純ジャパビジネスパーソン。日系メーカーに勤務。グローバル志向。次はヨーロッパへの駐在を目論んでいる。TOEICは990点(IP)。
三年間でTOEICを400点台から900点台まで上げた経験や、海外での仕事を通じて学んだ外国人とのコミュニケーションスキルやマインド等をブログや記事執筆の形で発信している。
翻訳やライティング、コンサル業務も展開している。

nobuoをフォローする
英語学習Tips
スポンサーリンク
nobuoをフォローする
Global Personz Lab

コメント

タイトルとURLをコピーしました