海外駐在の注意点【現地スタッフの仕事を奪うべからず!】

meeting グローバルスキル
Pocket

憧れの海外駐在。

外国語を駆使して、現地スタッフと打ち合わせをしたり、クライアントと交渉したりと、海外ビジネスの舞台で活躍することに憧れるビジネスパーソンも多くいらっしゃると思います。

しかし、海外で働くときには、注意すべきこともあります。

特に、現地スタッフとの関係では、彼らの仕事を奪わないように気をつけることです。

アメリカ人の同僚とのトラブル

かつて、私は、勤めていた日系企業のアメリカ支社に、駐在員として赴任していました。

元々、海外で働くことに憧れていた私は、初めての海外駐在に大変気合が入っていました。

一緒に働くチームのメンバーは、みんなアメリカ人で、使う言語は英語のみ。

もちろん、戸惑いもありましたが、チャレンジをして、早く成果を出したい気持ちが強かったことを覚えています。

しかし、仕事に順調に慣れていた中、あるトラブルが起きました。

ある日、私は、現地の同僚が、とあるプロジェクトに関する進捗状況を、他のチームメンバーに共有し忘れていることに気づきました。

私は、良かれと思って、代わりに、他のチームメンバーに進捗をアップデートしました。

そうすることで、プロジェクトが止まることもなくなり、チームの役に立てると考えたのです。

日本で同じことをした場合、日本の同僚からは、「フォローしてくれてありがとう」と言ってもらえた経験があったので、アメリカ人からも同様の反応があると思っていました。

チームのメンバーに、私自身が気配りのできる人物であり、期待の持てる人間であるとわかって欲しい気持ちもありました。

しかし、翌日、そのアメリカ人の同僚とすれ違った際、同僚からは、「サンキュー」の一言もありませんでした。

逆に、なぜか怖い顔で睨まれてしまったんです。

Foreign colleague upset

日本人上司からのアドバイス

何かまずいことをしてしまったのか。

気になった私は慌てて、日本本社の上司に電話しました。この方は、アメリカでの駐在経験の長い人でした。

Phone call from US to Japan

私の話を聞いた上司はこう言いました。

「貴方のしたことは、海外では明らかにマナー違反ですよ。」

「海外では、日本と違って、仕事が無くなればすぐにクビになるんです。」

「貴方は良かれと思ってしたことかも知れませんが、同僚の方としては、貴方に仕事を奪われたと捉えます。」

「そして、貴方のことを自分の生活自体を脅かす存在だと警戒します。その辺りをわきまえないと、どんどん信用されなくなっていきますよ。」

それ以来、私は、外国人と働くときは、彼らの仕事を奪わないよう、とても気を付けています。

日本と海外の働き方の違い

日本では未だに終身雇用と新卒一括採用が主流です。

入社当初担当していた仕事がなくなったとしても、人が不足している別の仕事に充てられたり、関連会社に出向という形になったりして、解雇されるということは中々ありません。

しかし、海外では、終身雇用や一括採用という概念はなく、Job description(ジョブデスクリプション)という詳細な職務記述書に基づいた中途採用が主流であり、そこに書かれた仕事が不要になれば、その従業員は解雇されてしまうのです。

このような違いから、日本と海外のビジネスパーソンとでは、仕事に対する意識も異なってきます。

日本では、チームとして、一つの仕事に取り組むスタイルが多く、個々人の担当範囲も曖昧な場合が多いです。

そのため、何かの取りこぼしを、他の同僚がケアすることも多く、むしろ、良いことと理解されやすいです。

他方、海外では、個々人の担当範囲が明確である分、ちょっとしたおせっかいの気持ちで、他の同僚の仕事に手を出した場合、海外現地スタッフを怒らせたり、警戒させることにもなりかねません。

「勝手なことすんじゃないわよ」と言った感じでしょうか。

海外で働く際には、現地の社会システムや労働環境を知り、配慮することが重要です。

Pocket

この記事を書いた人

元アメリカ駐在員の純ジャパビジネスパーソン。日系メーカーに勤務。グローバル志向。次はヨーロッパへの駐在を目論んでいる。TOEICは990点(IP)。
三年間でTOEICを400点台から900点台まで上げた経験や、海外での仕事を通じて学んだ外国人とのコミュニケーションスキルやマインド等をブログや記事執筆の形で発信している。
翻訳やライティング、コンサル業務も展開している。

nobuoをフォローする
グローバルスキル
スポンサーリンク
nobuoをフォローする
Global Personz Lab

コメント

タイトルとURLをコピーしました