海外駐在先で日本人の同僚とも仲良くしておくべき3つの理由

airport グローバルスキル
Pocket

海外駐在をするにあたっての心がけとしてよく言われるものの1つに、

『駐在先では日本人の同僚とばかり行動を共にするのはやめましょう』と言うことがあります。

この意見については、たしかにその通りだと思います。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

しかし、個人的には、あまりにも極端に日本人との距離を取ると言う事はお勧めできません。

今日は、駐在先で日本人の同僚とも仲良くしておくべき3つの理由をご紹介します。

※なお、駐在員である以上、同じ日本からの駐在員と仕事上の関わりはあって当然です。この記事はこういった仕事上の関わりを超えた部分で、どの程度日本人駐在員の同僚と行動を共にすべきかについて述べております。

①いざというときに頼りになるのは、日本人

異国の地での暮らしでは、日々困りごとも多く発生します。

日本との文化や考え方の違いから、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

周囲に助けを求められる環境があれば良いですが、そこには言葉の壁が立ちはだかります。

かろうじて英語の通じる国ならまだしも、そうでない国だとより厳しいです。

私も、アメリカに駐在していたことがありますが、英語圏の暮らしに慣れきっていました。

その後に、ヨーロッパにも出張に行きましたが、タクシーで英語が通じず、大変困った記憶があります。

現地で英語が通じないと情報収集も困難、とても大変ですよね。

そんなときに助けを求められるのは、やはり日本人です。

言葉も通じるし、とにかく安心感が違います。

困ったときはお互い様、という日本人の考え方もあり、大きな支えになるはずです。

オンラインで徹底指導!3か月で生きたビジネス英語を。【BizEnglish】

business

②時々同胞と話すことで、成長できることがある

confidence

海外駐在の醍醐味として、異なる文化や価値観を知ることのできる点が挙げられます。

私自身がアメリカに駐在し、考え方や価値観が大きく変わりました。

そのためには、毎日のように、現地の方と触れ合い、新しい考え方を吸収する必要があります。

その意味では、海外でまで日本人の方と頻繁に会話するのは、デメリットのように見えるかもしれません。

しかし、時々、日本人の駐在員と会って、その国について話をすることはとても良いことです。

現地スタッフとのやり取りで生まれた悩みやトラブル等を、同胞と共有し、意見を交わしたりすることで自分だけでは思いつかなかった考えに出会えることもあるんです。

また、異国の地での自分自身の変化や成長を実感できるのも、同胞と話しているときだったりもします。

③日本人同士で軋轢が生まれるとストレスフルな日々

nervous

アメリカに駐在した当初のことですが、他の日本人駐在員との距離に悩んでいたことがあります。

例えば、ランチの時間もそうですが、日本人駐在員と一緒に過ごす時間をたくさん持つ分、現地スタッフと過ごす時間がなくなってしまうのではないかと懸念をしていたのです。

今思えば真面目だったと思います。

海外で色んなことを吸収したいという気持ちが強かったんですね。

しかし、駐在員といってもモチベーションの高い人ばかりではありません。

日常的に孤独を感じることによって、いつも日本人と話をしていたいという方もいます。

ひとつの解決方法としてそういう方を突き放す手段がありますが、おすすめできません。

まず、肝心の仕事にも支障が出かねません。

また、駐在員は異国の地で孤独を感じやすく、その反動で、強固な日本人コミュニティを形成する場合が多々あります。

そのコミュニティ内での人間関係がどこまで濃いかは、ケースバイケースですが、間違いなく言えるのは、その日本人コミュニティ内ではある程度うまく立ち回る必要があります。

もちろん、『現地の方との付き合いを優先したい』とか、『海外でまで日本人とつるみたくない』とかの理由で、そのコミュニティと一切かかわらない方もいます。

しかし、現実的には、多少の付き合いはどうしても必要ですし、対応が不十分だとトラブルに発展しやすいのが、海外の日本人コミュニティです。

トラブルに発展した場合には、狭いコミュニティの中で、大変ストレスフルな日々を送ることになります。

アメリカに駐在していた際に知り合った人は、奥さん同士のトラブルで、駐在員間の関係にも悪影響が及んでいるという最悪な状況に苦しんでいました。

せっかくの海外暮らしを嫌な思い出にしないよう、適当な距離を保ちつつ、立ち回る必要があると思います。

月額税込み3,278円から通い放題の英会話カフェLanCul

まとめ

駐在先で日本人の同僚とも仲良くしておくべき3つの理由を紹介してきました。

駐在員である以上、同じ日本からの駐在員と仕事上の関わりはあって当然です。

しかし、そういった仕事上の関わりを超えた部分で、どの程度日本人駐在員の同僚と行動を共にすべきかというテーマについて、私は、駐在先で日本人の同僚ともある程度仲良くしておくべきと考えます。

理由は以下の3つです。

・1.いざというときに頼りになるのは、日本人

・2.時々同胞と話すことで、成長できることがある

・3.日本人同士で軋轢が生まれるとストレスフルな日々

現地スタッフと関わる時間も十分に取りつつ、日本人駐在員の同僚ともかけがえのない関係を築けることが理想です。

【トライズ TOEIC(R)対策プログラム】2ヶ月で最大200点アップ保障

最短即日発送で工事不要!世界中で使えるクラウドポケット型Wi-Fi【ギガWi-Fi】

Pocket

この記事を書いた人

元アメリカ駐在員の純ジャパビジネスパーソン。日系メーカーに勤務。グローバル志向。次はヨーロッパへの駐在を目論んでいる。TOEICは990点(IP)。
三年間でTOEICを400点台から900点台まで上げた経験や、海外での仕事を通じて学んだ外国人とのコミュニケーションスキルやマインド等をブログや記事執筆の形で発信している。
翻訳やライティング、コンサル業務も展開している。

nobuoをフォローする
グローバルスキル
スポンサーリンク
nobuoをフォローする
Global Personz Lab

コメント

タイトルとURLをコピーしました